2009年04月09日

2月のアメリカの住宅着工件数がプラスに転じる。不景気の底?

 アメリカの景気動向を一番最初に反映しはじめると言われているものに、アメリカの住宅着工件数という指数があります。

 その住宅着工件数(2009/2)が、2009/1と比べて増加したこのことです。具体的には、1月と比べて +22% の上昇です。

 この数字をどうかんがえればいいのでしょうか?

 まず、住宅着工件数が増加に転じたというのは、いいニュースだと思考えていいと思います。ある程度はアメリカの景気が落ち着いてきた、ということになるかと考えられます

 とはいえ、絶好調だった2008年度と比べると -47% の減少です。絶対値としてはまだまだ低い、ということを表していると思われます。

 さらに、その内容は、アパート建設(日本で言うところのマンション)の伸びが大きいようです。サブプライムローン崩壊で一軒家を失った人たちや、低所得者向け住宅の需要に応えている、ということでしょうか。

 さて、このニュースをうけて、普通の投資信託(ファンド)や ETF などを今購入していいのか?

 答えとしては、もっと市場が落ち着くのを待ってから、というところではないでしょうか。

 ヘッジファンドはともかく、普通のファンドは買い持ちしかしないので、まだまだ不安定な市場の中では苦戦することが予想されます。

 では、かわりの投資先としてなにが考えられるか?

 まず、換金するまでの時間が速い、短めの定期預金、MMF などが考えられます。今後「いまこそ買い相場だ」となったときに、すぐ別の金融商品に投資先を変更することができるのが利点でしょう。利回りはあまりいいとは言えませんが。

 また、金(きん、Gold)に投資することも考えられます。歴史を振り返れば、世界中の市場で逃げ場を失った投資資金が逃げ込む先は、最終的にはやはり金と言えるかと思います。以前の記事で取り上げた Castlestone Gold Bullion Fund なども検討に値するでしょう。

 そして、ヘッジファンドも候補の一つでしょう。金融危機で、勝ち組・負け組がはっきりしてきたヘッジファンドのうち、勝ち組のほうに投資するという手が考えられます。

 いずれにしても、本格的な投資は、市場がもっと安定してからでいいのかもしれません。投資の格言に「(市場の変動の)頭と尻尾はくれてやれ」というものがあります。市場の動きの一番上や一番下では利益を狙わず、市場に一定の傾向(トレンド)が出てから利益を得れば充分だし安全、という意味です。

 「休むも相場」という言葉もありますので、あせって行動せずに、今はこれからの投資先の候補について情報収集を進めておくのも、対応策かもしれません。

posted by 渡世人 at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

ヘッジファンド: マン(Man)社の利益が43%減少、運用資産も三分の一が減少

 日本時間2009/3/26、ブルームバーグのニュースです。

 ヘッジファンド運用会社マン(Man)社の、2009/3通期での税引き前利益が 43% 減少し(前年度の21億ドルに対し12億ドル=約1100億円)、運用資産額のうち三分の一が減少(前年度の750億ドルに対し480億ドル=約4兆7千億円)したとのことです。

 これらの原因として挙げられているのは次の2点。

 まず、「マン・グローバル・ストラテジーズ」ファンドのレバレッジ投資を縮小したこと(97億ドル=9500億円の減少)。これは、以前の記事で取り上げた、三菱UFJ証券が発売した「グローバル・マルチストラテジー」の事実上運用停止と関連があると考えられます。

 もう一つは、昨年明らかになった巨額詐欺、マドフ事件で、3億6千万ドル=3500億円の損失を出したことです。マドフ事件とは、ファンド運用会社の会長であり米ナスダック市場の運営会社の元会長である有名人バーナード・マードフが、「実はファンドの運用成績は真っ赤な嘘だった」として、2008/12/11にFBIに逮捕されたものです。この事件、日本ではほとんど報道されませんが、被害額が史上最大(約 500億ドル=5兆円! )と言われています。実は、野村ホールデイングス 日本興亜損保、三井住友海上なども被害にあっています(野村が 300億円くらいだったと思います)。

 マン社は、15%の人員削減を行って対応するそうです。グローバル・ストラテジーの解散などでしょうか。
posted by 渡世人 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

ダウ・ジョーンズが発表した「金融危機を乗り越えられる可能性が高いヘッジファンド運用会社」リストとは?

 なんどかふれてきましたが、日本時間2009/2/19にダウ・ジョーンズが報じた、「金融危機を乗り越えられる可能性が高い(と証券会社などに思われている)ヘッジファンド運用会社」のリストを公開します。

 アルファベット順で、以下の通りです。


 Brevan Howard Asset Management
 Bridgewater Associates
 Caxton Associates
 D.E. Shaw & Co
 Duquesne Capital
 Elliott Management Corp
 Eton Park Capital
 Galleon Group
 Highbridge Capital Management
 King Street Capital Management
 Kingdon Capital Management
 Marshall Wace Asset Management
 Millennium Partners
 Moore Capital Management
 Och-Ziff Capital Management
 Paulson & Co
 Pequot Capital Management
 Renaissance Technologies
 SAC Capital Advisors
 Soros Fund Management
 Stark Investments
 Tudor Investment Corp
 UBS-O'Connor


 以前とりあげた Eton ParkRenaissance も挙げられています。

 最低投資金額を考えるとなかなか手が出せないファンドが多いと思います。しかし、HSBC Trading AdvantEdge Fund の記事のような、ファンド・オブ・ヘッジファンド(FoHF、fund of hedgefunds、いくつかのヘッジファンドを組み合わせたファンド)に組み入れられているものがあるので、そのFoFHを購入することで間接的に投資することも考えられます。

 また、これら以外にも優秀なファンドはあるので、このリストにこだわりすぎると、チャンスを逃したりするかもしれません。

 
posted by 渡世人 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。