2009年04月09日

2月のアメリカの住宅着工件数がプラスに転じる。不景気の底?

 アメリカの景気動向を一番最初に反映しはじめると言われているものに、アメリカの住宅着工件数という指数があります。

 その住宅着工件数(2009/2)が、2009/1と比べて増加したこのことです。具体的には、1月と比べて +22% の上昇です。

 この数字をどうかんがえればいいのでしょうか?

 まず、住宅着工件数が増加に転じたというのは、いいニュースだと思考えていいと思います。ある程度はアメリカの景気が落ち着いてきた、ということになるかと考えられます

 とはいえ、絶好調だった2008年度と比べると -47% の減少です。絶対値としてはまだまだ低い、ということを表していると思われます。

 さらに、その内容は、アパート建設(日本で言うところのマンション)の伸びが大きいようです。サブプライムローン崩壊で一軒家を失った人たちや、低所得者向け住宅の需要に応えている、ということでしょうか。

 さて、このニュースをうけて、普通の投資信託(ファンド)や ETF などを今購入していいのか?

 答えとしては、もっと市場が落ち着くのを待ってから、というところではないでしょうか。

 ヘッジファンドはともかく、普通のファンドは買い持ちしかしないので、まだまだ不安定な市場の中では苦戦することが予想されます。

 では、かわりの投資先としてなにが考えられるか?

 まず、換金するまでの時間が速い、短めの定期預金、MMF などが考えられます。今後「いまこそ買い相場だ」となったときに、すぐ別の金融商品に投資先を変更することができるのが利点でしょう。利回りはあまりいいとは言えませんが。

 また、金(きん、Gold)に投資することも考えられます。歴史を振り返れば、世界中の市場で逃げ場を失った投資資金が逃げ込む先は、最終的にはやはり金と言えるかと思います。以前の記事で取り上げた Castlestone Gold Bullion Fund なども検討に値するでしょう。

 そして、ヘッジファンドも候補の一つでしょう。金融危機で、勝ち組・負け組がはっきりしてきたヘッジファンドのうち、勝ち組のほうに投資するという手が考えられます。

 いずれにしても、本格的な投資は、市場がもっと安定してからでいいのかもしれません。投資の格言に「(市場の変動の)頭と尻尾はくれてやれ」というものがあります。市場の動きの一番上や一番下では利益を狙わず、市場に一定の傾向(トレンド)が出てから利益を得れば充分だし安全、という意味です。

 「休むも相場」という言葉もありますので、あせって行動せずに、今はこれからの投資先の候補について情報収集を進めておくのも、対応策かもしれません。

posted by 渡世人 at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117115219
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。