2009年03月31日

史上最大のヘッジファンド詐欺事件、マドフ事件(Madoff)のその後

 2009/3/30のロイターのニュースです。

 史上最大規模のヘッジファンドの詐欺事件、マドフ事件について、これまでの記事でなんどか取り上げてきましたが、その続報です。

 ロイターによると、マドフの証券会社(Bernard L. Madoff Investment Securities LLC)の一部門が、Castor Pollux という金融関連会社に、即金で50万ドル=約5億円、プラス、将来的に(2012年までに)最大1500万ドル=約140億円で、売り渡される見込みとのことです。

 法廷からマドフの資産の管理を命じられた弁護士(マドフの資産を管理し、できるだけ多くの資産を回収する業務に携わっている Irving Picard 氏)は、まだまだ問題点が多い、と言っているとのことです。

 現時点では、10億ドル強=約950億円しか資産の回収ができてないようで、マドフ氏の運用会社に運用資金を投資していた会社は、非常に厳しい状態のままだと考えられます。それらの会社の金融商品を買っていた個人にとっても大きなダメージだと思われます。
posted by 渡世人 at 18:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
史上最大のK1詐欺事件もコメントお願いします
日本で斡旋していた業者名とか
Posted by きなくさい at 2010年01月16日 10:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116497246
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。