2009年03月30日

ヘッジファンド: テムズリバー(Thames River)社 水資源&農業ファンド(Thames River Water and Agriculture Fund)とは?

 水や資源、農業関連に投資する普通のファンドとしては、ピクテ(Pictet)社や SAM社などのファンドが有名だと思います。これらのファンドは、金融危機の中では比較的小さな損失で済みました。これらの投資先が、全体としては安定性を持っており、そして将来が期待されていることを表しているということでしょう。水・資源・農業などは、今後ますます重要な投資先になると考えられます。

 そんな市場動向の中で、Thames River Capital(テムズリバー・キャピタル)社が、Water and Agriculture Fund(水&農業ファンド)を 、2008/3/2に運用開始しました。米ドル、ユーロ、そして英ポンド建てがあるようです。

 Themes River は、Themes River Eastern Europe Fund(テムズリバー東ヨーロッパファンド)や Warrior Fund、Kingsway Fund などでよく知られているファンド運用会社だと思います。

 Themes River Water and Agriculture Fundの狙いは、現在世界的に問題になっている、限られた資源の奪い合い(水・食料など)に注目し、長期にわたって高い利益を得ることです。

 このファンドの利点は主に2つ考えられます。

 まずは、オフショア投資で水資源や農業関連に投資できることです。これまでは、オフショアで発売された水・農業関連ファンドの数が少なかったので、投資できる種類が増えるのは嬉しいことだと思います。水資源は限られており、さらに異常気象での干ばつが世界中あちこちで起こるなど、投資先として重要なファンドだと感じられます。
 アメリカの大規模農業地帯では、実際に農業用水が足りなくなったため、水の争奪戦が起こり、水の値段がどんどん高騰していると言われています。

 さらには、普通のファンドよりも低い変動率(ボラティリティー)を狙っていることが挙げられます。食料関連の個別の市場は、価格変動が激しく、実際の生活でも、小麦の値上げなどで食品の値段が上がり、その激しさを実感されたことがあるかと思います。日本で先物商品の取引をしたことがあれば、その変動の激しさを、もっと体感されているのではないでしょうか。

 日本のファンドでも、いくつか水や農業関連のファンドが出ていますが、Thames River社がオフショアでこのファンドを発売したとなれば、これもなかなか魅力的だと考えられます。
posted by 渡世人 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。